束縛からの解放を訴えるフェミニストを男性が立ち上げる

男性社会で女性が働けるようになったとはいえ、まだまだ束縛している地域があります。
そのような地域では女性は非常に困っています。
まるで目に見えない差別です。
このような状況を打開するためにも社会からの束縛からの解放を訴えるために登場したのがフェミニストです。
フェミニストは同姓が立ち上げることが多いのですが、あまりの社会の悪さに見かねた男性が立ち上げることもあるんですよ。

何にしても困っている女性の味方であることは間違いありません。

ここでフェミニズムの起源を紹介したいと思います。

1700年代のイギリスで確立したものとされているんです。
今はイギリスは男女ともに差別なく働いているのですが、昔は、やはり差別があったそうです。
当時は男性の収入だけでは生活が苦しかったそうなので、自分も夫の手助けをしたいという思いから立ち上がったとされているのです。

そして、脈々と引き継がれて今に渡ったのでしょう。
この文脈から察するに相当な伝統があることは間違いないと思います。

日本も今でこそ女性が働ける地域が増えました。
ですが、まだ地域別に差別があるようなので、いつの日にか全地域の女性が働ける日が来るかもしれないです。
それにしても差別が、まだあること自体許せませんね。

フェミニズムの歴史と理論

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト